2010年05月28日

10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)

 2016年夏季五輪招致を検証する東京都議会の特別委員会が24日開かれ、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長や大手広告会社「電通」の当時の担当局長ら3人に対する参考人質疑が行われた。

 同社が制作したPR映像については、都議会で「制作費が高すぎる」と指摘されていたが、竹田会長は「勝ち抜くために必要な経費だった」と妥当性を強調した。

 電通側は、約10分間で約5億円という制作費について、高額な費用がかかる特殊カメラなどで計約40時間撮影したことを説明し、「映像の長さだけでなく、品質も評価してほしい」と理解を求めた。

<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)
<小沢幹事長>参院選マニフェスト先延ばし 高嶋氏と一致(毎日新聞)
宮崎の養豚農家、総合対策受け入れ(読売新聞)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)
厳戒「神戸ビーフ」守れ 但馬牛の種牛を分散移動(産経新聞)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 15:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。