2010年06月15日

複数擁立見直しに慎重=民主選対委員長(時事通信)

 民主党の安住淳選対委員長は12日の読売テレビの番組で、小沢一郎前幹事長が参院選で候補者2人を擁立した改選数2〜3の選挙区への対応について「候補者はもうフルスピードで走っている。できるだけそのまま頑張ってもらった方がいい」と述べ、複数擁立を見直すことに慎重な姿勢を示した。
 安住氏は「1週間前は内閣支持率20%。(複数候補のまま)突入したら二つとも失いかねないところが多かったが、おかげさまで支持率が戻ってきた」として、共倒れの懸念は薄らいできたと指摘。ただ、最終的には「菅直人首相に判断を求めたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅首相、宮崎知事と会談へ=口蹄疫対応で畜産農家視察
参院選へ開けぬ展望=離脱カード切れず

<常用漢字>196字追加 いつから入試に?国語辞書は変わる?(毎日新聞)
ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)
上田知事の政治塾開校 櫻井よしこ氏ら講演(産経新聞)
女性賃金は男性の7割弱…男女共同参画白書(読売新聞)
「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 22:45| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。