2010年06月07日

郵政法案、今国会で成立を=亀井氏(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は2日、鳩山由紀夫首相の辞任表明後に同党本部で行った記者会見で、郵政改革法案について「今国会で成立させなければいけないことは明らかだ」と述べ、引き続き早期成立を目指す考えを示した。
 同法案は衆院を通過し、参院に送付済みだが、16日の会期末まで日程が限られており、与党内でも成立を危ぶむ声が出ている。亀井氏は、民主党の新代表と政策協議を行うとした上で、同法案は「(民主、社民、国民新の)3党で合意して出した法案で、民主党もイーブンの責任がある。それをきちっとしないで参院選に臨むことはできない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

福島担当相罷免 連立離脱へ 「辺野古」明記に反発(産経新聞)
民主代表選 4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持(毎日新聞)
日中首脳会談「ヘリ接近」「哨戒艦」成果なく(読売新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
シンドラーエレベーターのロープ破断 渋谷の歩道橋(産経新聞)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。