2010年04月20日

税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)

 金融庁は16日、株式の公開買い付け(TOB)情報を公表前に入手し、不正な株取引で利益を得たとして、金融商品取引法違反(インサイダー取引)で税理士や信金職員ら4人に対し課徴金納付命令を出した。証券取引等監視委員会の勧告を受けた措置。課徴金額は自営業者が1127万円、税理士が14万円、信金職員が101万円、会社員が85万円。 

【関連ニュース】
特別顧問に高木元金融庁長官=アフラック
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
リンク・ワンの処分勧告=有価証券報告書の虚偽記載
企業統治で制度強化=独立役員や報酬開示を義務化へ
保険会社の健全基準を厳格化=12年3月期から

<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり(産経新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 11:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

国分寺市の路上遺体、6人を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)

 東京都国分寺市の路上で先月15日、住所、職業不詳の中川公太さん(22)が遺体で見つかった事件で、警視庁は5日、逮捕監禁の疑いで逮捕していた立川市錦町2、無職高橋和範容疑者(28)ら6人を殺人容疑で再逮捕するとともに、新たに住所、職業不詳板橋良治容疑者(27)ら2人を同容疑で指名手配した。

 発表によると、高橋容疑者らは3月15日未明、埼玉県飯能市の資材置き場で頭をバットで殴るなどして中川さんを殺害した疑い。高橋容疑者のグループは2008年頃から、中川さんやその友人とトラブルがあったという。

<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
くも膜下出血 働き盛り注意! 脳ドックが有効(産経新聞)
神戸の女子中学生間に大麻コネクション!?3年女子生徒また逮捕(スポーツ報知)
雑記帳 南部せんべいにプリント 青森・八戸(毎日新聞)
“ネット出身”自民公認・三橋氏、アキバでコスプレ政治パーティー(スポーツ報知)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)

 自民党執行部への批判を強めていた与謝野馨元財務相と園田博之前幹事長代理が新党結成に向けて本格的に動き始めた。無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も現実味を帯び、3月の鳩山邦夫元総務相離党の際にはばらばらだった「新党」像がしだいに焦点を結びつつある。与謝野、平沼両氏とも今夏の参院選の標的を民主党と定め、自民党とは敵対しないとしているものの、挙党一致を目指して両院議員懇談会を開催中の自民党にとっては大きなダメージとなった。

 ◇反転攻勢つまずく

 与謝野氏は消費税率引き上げを含む税制抜本改革による財政再建が持論。平沼氏は自主憲法制定など保守の理念を前面に掲げる。両氏はもともと関係が近いとはいえ、方向性は必ずしも一致しない。園田氏は3月16日の毎日新聞のインタビューで「平沼さんは『自分だけだとタカ派の印象が強すぎる。今の時代はタカ派もハト派もない』という気持ちのようだ」と語り、連携は可能との見方を示していた。

 関係者によると、与謝野氏側近と平沼氏は今年初めから、協議を重ねてきたという。昨年の衆院選での民主党の大勝で、平沼氏が目指す「第三極」作りが難航したことも、両氏の接近を後押ししたといえる。

 与謝野氏周辺は「激動のときがきた。これは自民党分裂ということだ」と語る。与謝野氏は党内で勉強会「正しいことを考え実行する会」を主宰しているが、「考え方は説明したが勧誘はしていない」(関係者)とされる。一方、平沼氏は「平沼グループ」の小泉龍司、城内実両衆院議員について「新党設立メンバーには入らない」と語っており、両氏が連携しても同調者がどこまで広がるかは読み切れない。

 新党結成が自民党への打撃になり、結果的に民主党を利することは回避したいという考えでも両氏は共通する。新党結成を急ぐのは「遅くなるほど自民党が分裂したイメージになる」(与謝野氏周辺)と懸念するためだ。

 とはいえ、自民党は3月31日の鳩山由紀夫首相との党首討論で谷垣禎一総裁が何とか面目を保ち、反転攻勢に打って出ようとしていたばかり。与謝野氏らが新党結成に踏み切れば、鳩山氏の離党以上に党内に動揺が広がるのは確実だ。

 大島理森幹事長は2日夕、党本部で記者団に「あそこまで本(月刊誌)に書いている。その前に党をお離れになる必要があるのではないか」と述べ、与謝野氏らの離党は避けられないとの見通しを示した。鳩山氏は2日夜、東京都内で記者団から与謝野氏らとの連携を問われ「今は申し上げられない」とかわしたが、「非常にいい動きだ」と歓迎した。【中田卓二、野原大輔】

 ◇長年模索続けた平沼氏

 与謝野、平沼両氏とも政界再編や新党構想を口にし続けてきた。

 平沼氏は05年の郵政解散で自民党を離党した後、長く新党構想を描いてきた。05年衆院選では同じ郵政造反組の亀井静香氏(現金融・郵政担当相)らが結成した国民新党には加わらず、無所属で当選した。

 安倍晋三首相(当時)は06年12月、翌年の参院選をにらんで郵政造反組11人を自民党に復党させたが、同党との交渉の中心だった平沼氏は民営化に賛成する誓約書の提出を拒み、無所属にとどまった。07年参院選で自民党が惨敗した後、再び平沼氏の復党が取りざたされた際には、安倍氏の突然の退陣で白紙に。この際、尽力した一人が当時官房長官の与謝野氏だった。

 その後、平沼氏は保守勢力を結集した「第三極」に軸足を移す。しかし、昨年の衆院選で保守系無所属の「平沼グループ」として17人を擁立したものの、当選者は平沼氏ら3人にとどまり、国会議員5人以上の政党要件を満たせなかった。昨年11月、国民新党代表の亀井氏による新党結成の呼びかけにも応じなかった。平沼氏が民主党政権入りを嫌ったとされる。

 与謝野氏も与党時代からたびたび政界再編に言及してきたが、小泉内閣以降、政府や党の要職を歴任する中で、実際に行動に移すことはなかった。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
自民党:鳩山邦夫氏が新党結成に意欲
クローズアップ2010:鳩山元総務相、離党 新党結成、展望見えず
「新党」自民騒然(その1) 与謝野氏宣言、小沢氏の影
選挙:衆院選 「再編の軸」空振り−−みんなの党、平沼グループ
政治 政界再編 国民のため? 自分のため?

受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)
生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(読売新聞)
谷垣氏、退陣か解散要求(産経新聞)
posted by ミヤザワ マサヒコ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。